headband

クリーミュー 泡立ち

HOME >> クリーミューは泡立ちがスゴイってホント?

クリーミューは泡立ちがスゴイってホント?


クリーミューは泡立ちがスゴイと言うのは、ホントです。

クリーミューの特徴のひとつが、濃密泡を簡単に作れる事。

洗顔料のタイプには、固形タイプ、チューブタイプ、ミルクタイプ、ポンプで泡が出るタイプと、様々ありますね。

その中でも、固形タイプやチューブタイプの洗顔料は、自分で泡立てて洗顔している方が多いでしょう。

けれど、種類によってはなかなか十分に泡立たず、キメの粗い泡しか泡立たないものがあります。

そんな泡で顔を洗っていると、すぐに泡が消えてしまい、結果的にゴシゴシ洗う事になりお肌に負担が掛かってしまいますね。

クリーミューの泡はモチモチとして、とてもしっかりしています。

手の平に泡をのせて手を逆さにしても、下に落ちないくらい粘着力もあります。

この泡が、毛穴の奥の汚れを吸引して、ゴッソリと取り除いてくれるのですね。

ぜひ一度、クリーミューの泡立ちを体験してみては如何でしょうか。

クリーミューをより泡立たせるコツってある?


クリーミューをより泡立たせるコツは、あります。

一番重要なのが、洗顔ネットを使用する事です。

クリーミューは、手の平だけでも泡立てる事はできます。

けれど、やはりそれでは十分な量の泡を泡立てる事はできません。

洗顔ネットをお湯で濡らし、そこにさくらんぼ大のクリーミューを出します。

次に、様子をみながら少しずつお湯を加えて泡を作っていくと、徐々にモコモコと泡がたってきます。

十分な量の泡になったら、ネットから泡をしぼり出し手の平にのせ、空気を抜くように混ぜあわせます。

この事により、もっちりとした弾力のある泡ができるのです。

クリーミューの泡は、多少の事ではヘタる事がありませんので、気持ちよく洗顔する事ができますよ。

クリーミューは泡立ちが多いけどすぐに洗い流せる?


クリーミューは泡立ちが多いけどすぐに洗い流せるかと言うと、泡切れよく作られています

その為、しばらくヌルヌル感が残るような洗顔料とは異なると思ってください。

ただ、どの洗顔料にも言える事ですが、すすぎはしっかりと行う事が基本です。

特に、髪の生え際やフェイスラインには、泡が残りやすくなっています。

もし、泡の成分がお肌に残っていると、その事が原因で思わぬ肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

いくらクリーミューの泡切れがよくても、少なくとも30回以上はキレイなぬるま湯ですすぐようにしましょう。

もし、シャワーで洗い流す場合は、水圧やお湯の温度に注意して、お肌への刺激ができる限り少なくなるようにしてください。


当サイトの人気記事

 1番人気! クリーミュー洗顔の口コミについて詳しく調べてみました

pagetop